生物資源開発研究所Tokyo Nodai(生物産業) Homeへ
Back

目  的
PURPOSE
生物資源開発研究所は,東京農業大学の伝統である「実学の精神」を基本とした設立理念のもとに東京農業大学生物産業学部に併設されました。その設立目的は,生物資源の開発・生産・有効利用並びに産業の経営経済問題について,試験研究・調査計画・普及活動などを行い,当該学術分野の進展と地域の社会,経済の発展に寄与することであり,大学が,地域産業の要望を自らの研究課題とすることによって,大学と地域のコミュニティ形成の一助とする,その担当機関としての役割を果たすことを期待して設立されました。

組  織
ORGANIZATION
生物資源開発研究所は,研究部,普及部の二部と事務室によって組織構成されております。研究部・普及部は,固定した組織ではなく,その時々にそれぞれ設定された特定のプロジェクト・チームを編成しています。研究部は試験研究・調査計画などを行い,普及部は試験研究成果の普及等,社会教育活動をおこないます。事務室は委託業務における相談等の事務,研究等の契約事務,派遣講師等の事務,諸会議等の準備,報告書等の作成,文書の収受・保存をおこないます。

研究スタッフ
RESEARCH STAFF
研究所の研究スタッフは,東京農業大学生物産業学部(生物生産学科・食品科学科・産業経営学科)の教員が,研究・社会活動の課題に応じて研究員を兼務し,プロジェクト・チームを編成して試験・研究に当たります。また,研究内容により,必要に応じて学部外の機関〔農学部(厚木キャンパス)・応用生物科学部・地域環境科学部・国際食料情報学部・短期大学部/総合研究所(以上世田谷キャンパス)・生物産業学部(オホーツクキャンパス)等〕や他大学から研究員を委嘱することができます。

産・官・学・民の協同による”地域生物資源開発科学・技術”の創造と普及
※各種相談に応じていますのでお気軽にお問い合わせください。(無料。但し資料は実費)

東京農業大学生物資源開発研究所

〒099-2493 網走市八坂196番地
  TEL 0152-48-3803 
FAX 0152-48-2940
e-mail: shigenk@bioindustry.nodai.ac.jp

このページトップへ