トップ > エゾシカ学とは?

エゾシカ学とは?

エゾシカ学とは?

野生エゾシカを『地域資源』として捉え、産業クラスターの理念に基づき、生態〜養鹿〜加工〜流通〜経営に到るまでの領域を総合的に体系付けたカリキュラムにおいて、座学と実習を通じて学ぶのが『エゾシカ学』です。具体的には北海道、自然環境保護団体、地域企業、鹿牧場、NPO法人などと連携(コンソーシアム)し、資源管理とその利用法、産業創出における産官学の役割、地元企業との連携による商品開発、鹿牧場経営などを学習します。

▲ページトップへ