back
リモートアクセスサービスとは
リモートアクセスサービスの利用方法
リモートアクセスサービスの動作環境
リモートアクセス(BioGate)サービスとは
 リモートアクセスサービスとは,学術情報センター[オホーツク]が提供する SSL-VPN装置 を経由した VPN (Virtual Private Network) 接続により,自宅や帰省先,出張先などのキャンパスの外からオホーツクキャンパスの学内ネットワークへの安全なアクセスを可能とするサービスです。

 これまでオホーツクキャンパスの中でしか利用できなかった学内限定の各種Webサービス(例: EJ,eBOOK,商用データベース)などを,キャンパスの外からインターネット経由で学内ネットワークにアクセスし,学内と同様に利用することができます。
リモートアクセス(BioGate)サービスイメージ
利用対象者
東京農業大学オホーツクキャンパスの教職員大学院生学部生で,所定の申請手続きにより本学共通(=情報関連設備公開利用許可証記載)の利用者ID・PWを取得されている方であればどなたでも利用できます。
利用の条件
別途の申請などは必要ありませんが,お使いの端末(パソコンなど)機材やインターネット環境に一定の要件(動作環境参照)があるほか,特に商用データベースや電子ジャーナルなどではリモートアクセスでの利用が制限されているものもあるため以下のような注意が必要です。
端末利用上の注意点
利用の際にはSSL-VPNのソフトウェアがインストールされます。端末はこのソフトウェアの動作条件を満たしていることが必要となります。
上記のインストールの際は,管理者権限が必要です。
利用する端末のセキュリティ対策・ウイルス対策を十分に行ってください。
インターネットカフェなどセキュリティ確保ができない場所では利用しないでください。
VPN接続を許可していないネットワーク環境下では使用できない場合があります。
サービス利用上の注意点
ユーザID ・パスワードの転貸は厳禁です(自分のID 等を他人に使用させない)。
リモートアクセス許諾の無いサービスへのアクセスはしないでください(可否を確認して利用する)。
特に商用データベース,電子ジャーナル, 電子ブックなどは大学と提供者との契約で利用対象者の範囲やリモートアクセスの可否などが規定されています。
「利用対象者の範囲」と「リモートアクセス利用の可否」の一覧は,こちら(HTML版PDF版)で確認できます。許諾のないタイトルにはアクセスしないで下さい。
学術情報センターホームページ上でも各コンテンツへのリンクに 】, 】の表示をしてありますので参考にしてください。
リモートアクセス可であっても以下の行為は不正利用とみなされるのでご注意ください。
文献の複製,再配布の禁止(ダウンロードした文献等を他人へ譲渡しない)
個人の調査・研究目的外の使用禁止(第三者の求めに応じた利用はしない)
著作権を侵害する行為の禁止(著作権法に抵触する文献の引用・改竄等の禁止)
通常の利用範囲を逸脱した行為の禁止(大量ダウンロード・プリントアウトの禁止)
これらの事項に違反する悪質な利用があった場合,その個人だけでなく大学全体が当該サービスの利用を停止されることがあります。
大学または当該サービス提供者等に損害が生じた場合は,使用された利用者IDの所有者に対して賠償や相応の処分が適用されることがあります。
top
リモートアクセスサービスの利用方法
 本学のリモートアクセスサービスでは,SSL-VPN 【Secure Socket Layer Virtual Private Network】 を使用するため,初めて利用する際は,利用する端末(パソコンやiPhoneなど)側に専用のクライアントソフトウェアを導入する必要があります。以後は導入したクライアントソフトウェアを使い必要なときに接続操作をすることになります。
 お使いの端末のOSや機種によっても異なりますが,以下を参考に導入・操作してください。
Windows,Macintosh,Linux の場合
初めて接続する場合
2回目以降接続する場合
iOS (iPhone,iPad,iPod) の場合
初めて接続する場合
2回目以降接続する場合
リモートアクセス接続時には常に農大オホーツクキャンパスを経由してインターネットを利用することになりパフォーマンスは低下します。また,SSL-VPN装置の同時アクセス数には限りがありますので,学習・教育・研究のため学内限定のサービスを利用する必要がある場合のみ接続するよう心掛けてください。
ご自宅や出張先などの拠点から本学までのネットワークの環境によってはSSL-VPN接続できないことがあります。この場合はプロバイダや利用機器の設定がVPN接続可能であるかを確認してください。学外での利用環境は人により千差万別です。学術情報センターでも助言は致しますが,現地調査や出向いての機器設定などの対応には応じかねますことを予めご了承ください。
top
リモートアクセスサービスの動作環境
 本学のリモートアクセスサービスは,以下のOSで利用可能です。セキュリティパッチの適用などの条件がありますので,それぞれ最新の状態でご利用いただくことをお勧めします。
OS と バージョン
Windows Windows8 (32-bit and 64-bit)
Windows7 (32-bit and 64-bit)
Windwos Vista SP2適用済み もしくは SP1+KB952876 適用済み (32-bit and 64-bit)
Windows XP SP2 もしくは SP3適用済み合
Mac Mac OS X 10.5
Mac OS X 10.6、10.6.1、10.6.2 (32-bit and 64-bit)
Linux Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop
Ubuntu 9.x
iOS iPhone 3G,3GS, 4
iPod Touch(第 2 世代以降)
iPad

※上記の端末でiOS4.1以降を実行している事
Android系のOSについてはサポート待ちとなっています。
top